大阪府珍味協同組合とは

0大阪府珍味協同組合は昭和38年に設立されました。
そして平成25年には設立50周年を迎え、50年記念誌の発行や祝宴を行ったのもつい最近のことであります。
初代理事長には高橋壮緑氏が就任されて、その後は新井氏、平谷氏、松宮氏、山本氏、と引き継がれて、今は不肖私 八木覚平 が務めさせていただいております。
参画企業におかれては、常に50社弱の企業様がおられます。そのジャンルは、おかき、あられのメーカー、うにや生珍味のメーカー、ナッツ、チョコレートのメーカー、練り製品や割烹材料のメーカー、など実に幅の広いジャンルの方々が集まっておられます。業態としましてはメーカー、一次卸店、二次卸店、商社などの多くの方がおられます。
もちろんこのご時世ですから、商売の上では熾烈な競争もされておられますが、こと組合に於いては、組合員全員が言いたい事が言えるような仲のよい雰囲気の組合でございます。
毎年11月23日の珍味の日のPR活動においては、この数年間堺市の大仙公園でおこなわれていた農業祭に、大阪府珍味協同組合として出店してまいりました。休日に関わらず、大勢の組合員様が応援にきてくださる、まことにアットホームな組合であります。
しかし組合で50年以上続いたということは、組合員企業に置かれては、それ以上の年月の風雪に耐えて来られた企業様が大変多いということでもあります。組合50年誌を発行するにあたって、珍味組合の歴史をひも解いていく作業の中でそうした事がわかってまいりました。
これから世の中は凄いスピードで変化をしていくことと思われますが、大阪府珍味協同組合の企業様におかれては、したたかで強靭な経営姿勢のもと、逆境をものともせず、大いにますますの繁栄を築かれていかれるものと信じてうたがいません。
今回、こうした我々の想いを伝えるために、ホームページに作成しました。
どうかよろしくご照覧くだされば幸甚でございます。

大阪府珍味協同組合
代表理事 八木覚平